食べる

ぱおず屋陽太の小籠包を堪能してきました

無性に小籠包を食べたくなることありませんか?

…ないって?笑

ないかしら。そう?

ほら。小籠包の美味しい写真を見てると…段々食べたくなってきたでしょ。

れんげの上の小籠包の中からじゅわっと溢れてくる汁をジュルッとすすって…

ほら食べたくなってきたでしょ。

実は、諏訪湖の近くで美味しい小籠包が食べれるお店を発見しましたのです!

小籠包好きのみなさん、必見です!

ぱおず屋陽太の場所

〒392-0016 長野県諏訪市豊田文出 4 1521

場所は、諏訪のデリシアとサンロードの間の道を入って真っすぐ400mくらい進んだところ。

田んぼや畑と住宅が適度に広がっている場所。

元々は焼き肉店だったお店を改装して始めたそうです。

隣には諏訪地域に多い小さな御社宮司社があり、子どもが遊べる遊具が少しあります。

 

店内はバーカウンターのような場所とボックス席、手前に半個室のようになったテーブル席が2つありました。

いらっしゃいませ~とにこやかに出てきてくれた女性スタッフさんが、子どもが小さいことを考慮して、ソファー席に案内してくれました。

ありがたい。

 

壁や仕切りなどあちこちに小籠包の宣伝やお店のイラストが。

こちらのイラスト、お店を題材にした絵本の挿絵。

ぱおず屋陽太

主人公の旅人わにさんが、湖にポツンと浮かぶ貧しい島に渡って、そこで美味しい料理をしたら…というお話。

ストーリーがオーナーさんの体験談や諏訪湖周辺事情と被っていて面白い。

ぱおず屋陽太のメニュー

ぱおず屋陽太

メニューは点心はもちろん、ラーメン類やおかゆ、中華風のおかずなどなどとっても種類が豊富。

迷ってしまう。。。

ぱおず屋陽太

今回はランチで行きましたが、夜も営業されていて限定メニューもあるようです。

餃子や冷ややっこなど、アルコールのおつまみに合うものが揃ってますね。

あぁ。。小籠包とビールの組み合わせ。ステキ。。。

話は戻して、私たちが注文したのは

  • お子さまセット
  • 食べたかった小籠包
  • 油淋鶏

お子さまセット680円は陽太粥・陽しお粥・陽太麺・陽しおラーメンから選ぶそうで、

なんちゃって糖質制限中の私は、蛋白質摂取のため麺は娘のを味見するとして我慢。

ぱおず屋陽太の小籠包

小籠包など点心は基本2つからの注文だそうです。

 

ぱおず屋陽太の小籠包の種類

  • 蒸し小籠包(2ケ~) 1ケ¥130
  • 蒸し焼売(2ケ~)  1ケ¥130
  • 蒸し餃子(2ケ~)  1ケ¥80
  • 3種の蒸しぱおず   ¥320

 

小籠包の食べ方に慣れていない私みたいな人にとっては、オススメの食べ方を書いてくださっているのはとっても嬉しい。

ぱおず屋陽太

右下の針しょうがが小籠包に合う!

じゅるっとしたお汁と、お肉の香りと、しょうがのアクセント!

二つ目はオススメのラー油と特製ぱおずダレをつけてパクリ。

味の雰囲気が変わっておいしい~

ぱおず屋陽太

各テーブルに『ぱおず』の特製タレ、お手製ラー油などが置いてあります。

この手作りラー油、色は激辛!!ですが、食べてみると後を引く奥深い味。

人気のようでレジ近くでお土産用としても売られていましたよ。

ぱおず屋陽太

小ぶりなせいろから湯気が立っていて、運ばれている所を見るだけでワクワク。笑

じゅわっと中から肉汁が溢れ出て美味しかった~しあわせ~

ぱおず屋陽太のお子さまセット

さて、やってきました!

娘リクエストのラーメンのお子さまセット

  • ラーメン
  • コーンサラダ
  • プチデザート(杏仁豆腐)
ぱおず屋陽太

付け合わせのサラダがコーンっていう所がよくわかってる!

生野菜は食べないくせに、コーンは際限なく食べれちゃうんですよ、子どもって。

ラーメンは3歳児にはちょっと量が多かったようで、私が半分ほど頂きました。

まろやかで全然辛くない。うまっ!

ぱおず屋陽太

3歳娘と一緒に来店したのですが、こんなにかわいいお子さま用食器を出してくれました。

娘はうっきうき。

ぱおず屋陽太

店内には座高を上げるタイプの子供用クッションや、机に取り付けられる乳幼児用の椅子もあり、年齢問わず子どもたちも一緒に食事がしやすそうです。

ぱおず屋陽太の貸しスペース

ぱおず屋陽太お店の奥の方に行ってみると、貸しスペース。

フローリングで結構広い。

大人数での宴会では、ここを個室として使用させてくれるみたい。

ヨガやハンドメイド作品展のようなイベントも時々されているようですよ。

しかも貸し出し代金もとっても安い!

いいんですか?オーナー。。。

ぱおず屋陽太

トイレの壁に貼ってあったメッセージ各種。

「おいしかった~」「また絶対来ます!」という言葉がいくつも。

すだれに貼りきれない過去の分は、ノートにひとつひとつ貼られておりました。

お客さんに愛されているお店なんだなぁと心が温かくなりますね。

 

オーナーのご主人になんで小籠包のお店なのかを聞いてみたところ

 

パパlaugh左

それまで料理の仕事をしてきたけど小籠包は全くやったことがなかったのに台湾旅行に行ったらそこで出会った小籠包が美味しくて惹き込まれてしまったんです。

 

とのこと。

魅力にひきこまれてお店を出してしまうなんて行動力が高すぎる。

人当たりの良い温かさと、これからも新しいことにいろいろ挑戦して変化していきたいという前向きな気持ちとが溢れたオーナーさんで、料理にも会話にもホッと心温まる時間でした。

 

今度は職場の歓送迎会や忘年会などで利用したいなぁ。

ぱおず屋陽太営業時間:11:00~14:00、18:00~21:30
定休日: 火曜日
住所: 諏訪市豊田文出1521-4
電話番号: 0266-78-3235
facebook: https://www.facebook.com/paozuyahinata/
駐車場:15台

 

ABOUT ME
Kotori
元東京下町っ子が縁もゆかりもない諏訪地域での子育てに奮闘中。 面倒くさがりなくせに好奇心旺盛。 直感を大切にゆるゆるHappyな暮らしを目指してます。 出産を機にココロにも身体にも良い生活を心がけ、地産地消を意識した自然食や裸足育児、ランニング習慣なんかもゆるりと取り入れています。 サクっと出来上がる編み物や工作なども好きです。 最近は、子どもがいても散らかりにくい部屋づくりに意識を向けています。 ブログでは、諏訪近郊のおすすめ情報や体験談を中心に気になったことを書いています。 お気軽にコメントくださ~い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =