食べる

富士見『やまゆり』に行ってきた!こんなところにうどんとパンのお店?

大好きな富士見のベーグル屋さんに行ったその足で、他にもおいしいパン屋さんないかな~とググっていたら、あるではないですか。
『やまゆり』

古風な響きの名前。
おばあちゃんがやってるのかしら?

山梨から移住してきた方が始めたらしい。ふむふむ。

パン屋と思ったらうどん屋でしたが、お菓子も美味しい。

初めての人はわかりにくい場所にあるとのことで、駐車場も店舗も迷いながら行ってきました~

古民家でうどんとパンのお店『やまゆり』の場所・駐車場

最寄り駅でいうと信濃境駅

富士見町の町役場からさらに車で10分くらい離れた場所。

町役場方面から車で行くとしたら、県道17号の高森の信号の400mくらい手前に小さな看板があって、そこを右折すると駐車場がある。

やまゆり

この駐車場の場所もはっきりとわかりにくいんですけど、とりあえず右折してまっすぐ降りて行ったところの空地が駐車場らしい。

一応『P』の看板があります。

やまゆり

お店はこの駐車場の左手にある、人が一人通れる程の幅の狭い下り坂を降りていきます。

この道もわかりにくいけど、さりげなく矢印看板が置いてあった。

やまゆり

道には滑り止めの役目?の藁が敷いてあるけど、雨が降ってすぐだったためか、私も娘も二人してこけました。笑

坂を下りて突き当たって右側を見れば、お目当ての『やまゆり』さんの登場!じゃじゃーん!

やまゆり

手書きの看板がかわいい。

やまゆり

やまゆり

入り口の右側の扉を開けたら、店内から何か声がきこえてくる…がよく聞き取れず。

娘がさらに一歩中に入ろうとすると

「反対側から入ってください!!」

と女性の声が。

足元を見ると猫のごはん。。。なるほど。。。

やまゆり|店内の様子

やまゆり

古い古い古民家をほぼそのまま使ったお店のよう。

手前右手にカウンターとキッチンがあり、パンもこちらに並んでいます。

奥に行くと、一段高くなって畳。
ここは靴を脱いで上がります。

やまゆり|メニュー

パンのメニュー

やまゆり素朴な見た目だが、ひとひねりある数種類のカンパーニュや、あんぱん、チョコパンなど。

ざるにそのまま並んでいる感じがお店の雰囲気に合っています。

飾り気のない手書きの値札もいい味が出てる。

 

今回のお目当てはパンだったので、一応お土産に黒糖カンパーニュ(500円)を一つ。

ふっくらしていて、ほんのり黒糖の甘み。

私は家でクリームチーズとてんさい糖シロップをかけていただきました。うまし。

やまゆり|うどんメニュー

やまゆり

うどん ~かけ・ぶっかけ・しょう油~

  • 小(1玉)300円
  • 中(1.5玉)400円
  • 大(2玉)500円

<トッピング>

  • 肉             200円
  • きつね、梅、きんぴら   各100円
  • 卵、わかめ、とろろこんぶ 各50円

きまぐれうどん 小600円 中700円 大800円

  • カルボナーラうどん
     卵、パルジャミーノ、バター、こしょう、からし
  • 薬味ぶっかけうどん(温/冷)
     きゅうり、梅、みょうが、おかか

その他メニュー(ごはん、飲み物、デザート)

ごはんもの

  • 親子丼  小400円 中700円(汁物付き)
  • 塩にぎり  150円
  • 平飼い卵の醤油漬けたまごかけごはん 250円

お食事の方のサービスコーヒー 100円

お茶 14時~ 各300円

(コーヒー、煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶、ハス茶)

デザート  各300円

  • ヌガーグラッセ(レモン/パインキウイミント/キャラメルナッツ)
     ふわっとしたアイス
  • プリン

やまゆり|感想レポ

カウンター横にメニューが書いてあり、まず初めに注文。

基本セルフのようで、品物も呼ばれたら自分で取りに行く。

昭和初期のおばちゃんが一人できりもりしている食堂みたい。(店員さんは若い)

 

お店の中を見渡すと、手前に大きな机があって相席となる椅子席、奥には一段高くなって畳が広がっており、座卓が3~4席とソファ。

日曜日の13時頃、すでに席は8割りくらい埋まっていて、みんなうどんを待っているらしい。

というわけで、私たちもうどんをいただくことに。

やまゆり

ぶっかけ中(1.5玉)+肉トッピングです。

手打ちで麺の太さは不規則な腰の強いうどん。うまっ!

いつか香川で食べた讃岐うどんを思い出しました。

トッピングのお肉は、甘く煮たしぐれ煮のようなかんじ。

(娘が肉食べたくないといのでうどんとは別で盛ってもらいました)

 

他のお客さんは、結構常連さんも多いようで、店員さんと名前で呼び合ってたり、お互いに最近の近況を話し合っていたり。確かにこの立地だと、一見さんよりもリピーターさんが多そう。

店員さんにうどんのオススメを聞いたら「好き好きですよ」とさっぱりとした返事をいただきました。

サッパリ系の店主さんのようです。

常連さんたちは、店員さんに勧められてカルボナーラうどんを食べている人が多かった。

子供にもいいかも

やまゆり

子供用のおもちゃとかはありませんでしたが、入口は行って左側の壁一面に本がずらーーーっ!

結構年季が入った本が多く、絵本のセレクトも渋い。

絵本の猫のように、やまゆりさんの店内にも猫さんがおりまして、とても自由気ままに店内をうろうろされておりました。

猫アレルギーの私はヒヤヒヤしておりましたが、娘は興味津々で猫の行方を目で追う。。。

出張レストランもあるらしい

今月は、近くのシェアオフィス(富士見森のオフィス)で出張食堂もやっているみたい。

メニューはうどんじゃなくて定食のような感じだとか。

やまゆり|店舗情報

営業時間: 11:00〜16:00
定休日 : 金曜日(前は火曜日だったのかな?)
住所: 諏訪郡富士見町境8068
HP: facebook
駐車場:7台くらい?

さいごに

諏訪地域は丸亀製麺とかチェーン店のうどん屋さんは多いけど、こういった手作りのうどん屋さんは結構珍しい。

長野=そば

っていうイメージもあるから、観光客の人は敢えてうどん屋さんに足を踏み入れることもないだろうし。

そんな中で、この『やまゆり』さんは、自分たちができるスタンスで無理なく美味しいものをお客さんに提供しているっていうスタイルで、背伸びをせず等身大でいる感じが、なんだかいいなと感じた。

 

余談ですが、この諏訪地域って、いい意味でビジネスライクしすぎていない人との繋がりを大事にしたお店やサービスをしている若者が多くて、そういうのも魅力の一つだなと感じています。

『やまゆり』の店主さんようなサバサバした感じって、一般的な日本人に好まれるのかどうかは別として、飾り気ない人間らしいですよね。ステキ。

 

すいません。余談が長くなりました。。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

P.S.
冒頭でお伝えした、富士見のベーグル屋さんは本当にオススメなので、是非どうぞ。

ABOUT ME
Kotori
元東京下町っ子。縁もゆかりもない長野県での子育てを楽しみ中。 空が広くて空気がおいしく人もやさしい信州での生活が大好き。 いつでも笑ってやりたいことを実現するママでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です